労務管理システム導入で電子処理によりコスト軽減もメリットに!

適切な時期に人事労務管理システムを導入して業務効率化を図ろう

人事や労務管理周りの諸業務を電子的に処理することができる人事労務管理システムを導入すると、業務の効率化や様々な面でのコストダウンが可能になります。このシステムの導入は、例えば、会社を立ち上げる最初の時期でもいいですし、そのタイミングで導入しなかった場合は、事業を拡大してスタッフを増員する時期に導入するといいでしょう。
これは、人が増えることで人事関連業務や労務管理業務がそれに比例する形で増えるためです。仕事が増えたからと言って、機械的に人事や労務管理を担当するスタッフも増員すると、その後、彼らの雇用による人件費もずっと負担しなければなりません。しかし、人が増える時期を見込んで人事労務管理システムを導入しておけば、業務量そのものを圧縮して、労務管理や人事業務担当者を増員しなくても仕事を無理なく処理できるようになります。
システムは、初期の導入コストとその後のメンテナンスに少々経費がかかるだけで済みますが、人件費はそうはいきません。商品開発の担当者や営業スタッフなど、会社のコア業務担当者の採用と育成に要する出費を惜しむべきではありませんが、他のサブ業務に関しては、増員の前に業務効率化の方向で検討するのが妥当と言えるでしょう。

イチオシ記事

  • 他事業所社員に対する人事労務管理業務もシステム化でスピードアップ

    本社の他に、地理的に距離がある様々な地方に事業所を多く抱える会社では、そうした事業所に所属する社員対象の人事・労務管理業務をいかにスピーディに処理するかが一つの課題です。それというのも、人事や労務管理業務の中には、スケジュールを遵守し…

    MORE
  • 適切な時期に人事労務管理システムを導入して業務効率化を図ろう

    人事や労務管理周りの諸業務を電子的に処理することができる人事労務管理システムを導入すると、業務の効率化や様々な面でのコストダウンが可能になります。このシステムの導入は、例えば、会社を立ち上げる最初の時期でもいいですし、そのタイミングで…

    MORE
  • 経済的に人事労務管理業務をこなせるようになるシステム化がおすすめ

    紙を使う業務は、用紙代とトナー代という消耗品費がかかります。人事や労務管理関連の業務を、会社で指定した書式に記入して提出したり渡したりする手順で処理している場合、社員の数が多いと消耗品費はかなりの額に上るでしょう。人事労務管理…

    MORE
  • 業務負担軽減に役立つ人事労務管理システム

    ワークライフバランスの重要性が叫ばれる中、多くの企業では、労働時間の短縮、業務負担の軽減対策に頭を悩ませています。機械的に定時に帰宅するよう従業員に促したところで、実際に片づけるべき業務が多い以上、定時に会社を出たとしても、家に仕事を…

    MORE